構造でヘッドホンを選ぼう

構造でヘッドホンを選ぼう

ヘッドホンには様々な構造がありますが、メーカー共通の定義のようなものがありません。

 

一般的には、密閉型、開放型、セミオープンなどの構造に分けられています。

 

密閉型のヘッドホンは音漏れを極限まで抑えた構造になっています。
イヤーパッドが皮製のものが多いですが、メーカーによっては布製のものも販売されています。
低音に強いものが多く、音がこもりがちです。
電車やバスなどの移動中に音楽を聴きたいときなどは密閉型のヘッドホンが良いかもしれません。
ですが周りの音が聞こえづらいので、注意が必要ですね。

 

開放型のヘッドホンは振動板と耳の間の空間が閉じられていない構造が開いた構造になっていて広がりのある音が出ます。
密閉型に比べると音のこもりがないのでクリアに聴くことができます。
高音に強いものが一般的で、イヤーパッドは布製のものが多いです。
こちらは音が外に漏れるような構造になっているので外での利用よりも、室内での利用に適しています。

 

利用するシーンにあわせてヘッドホンを選んでみてください。