ヘッドホンのコード長の違い

ヘッドホンのコード長の違い

ヘッドホンを購入してみたはいいけれど、長さが短くて使えなかったという経験はありませんか?
コード長は、どの場面で使用するかを考慮して作られています。

 

一般的なヘッドホンは、室内で使用する用に作られておりコードの長さは3m前後となっています。
日常使いでコードの長さが気になる方は、巻取ホルダなどを使用していることが多いです。

 

Iphoneのイヤホンなどのポータブル向けのイヤホンはコード長が1.2M程度になっています。
60cm+60cmの延長コードでできたものや、延長なしで1.2mのものなど様々です。

 

テレビ視聴用のヘッドホンは、離れた距離にも対応できるように4.5m〜6mの長めのコード長となっています。

 

Djモニタータイプのヘッドホンは、DJブースの中で細かく動き回る動作に対応できるように、片出しカールコードが多く使用されています。

 

ヘッドホンは用途の違いにあわせてコード長のほか、プラグ形状も異なっています。
型のあわないヘッドホンを誤って購入することのないようにしましょう。